イタチを撃退したいと思った時は専門業者に相談|子供や高齢者の免疫が低下する前に対処

男性作業員

動物撃退は勝手にできない

住宅

イタチやアライグマ、ハクビシンといった動物の撃退は、特別な許可をもらっている業者しか行えません。私達が行なうと鳥獣保護法という法律にかかってしまう恐れがあります。そういった事にならないようにしなければなりません。

詳しくはこちら

イタチが住宅に侵入した

イタチ

イタチの外見はとても可愛いらしいので、パッと見ただけでは特に悪さをするようには見えません。しかし、イタチのトラブルを抱えてしまっている人にとっては、悪さしか行わない動物に見えてしまうため、あまり良い評価はないのです。イタチの被害にあってしまうと、直ぐにでも撃退をしないと後々から大変な事態になってしまいますので、とても困ってしまいます。イタチを撃退しようと考えている人は、専門の業者に依頼をして撃退をしているそうです。イタチは夜行性のため、私達が眠っている間に活動をします。そのため、夜中に住宅に侵入してくるケースがありますので、私達が気づかないうちにトラブルが発生してしまいます。
イタチが住宅に侵入してきた事に気づくタイミングとして、動物の独特な臭いが住宅の中に広まっているという場合があるのです。住宅に侵入するイタチのほとんどが、野生になりますので動物の独特な臭いを放っている場合が非常に多いといえます。そのため、住宅の中で動物の臭いがしたらイタチが侵入しているのでは無いかと疑うと良いでしょう。また、イタチは鳴き声をあげますので、天井裏や屋根裏、床下から動物の鳴き声が聞こえてくるのです。動物を飼っていない住宅だけではなく、動物を飼っている住宅でも聞き覚えのない動物の鳴き声が聞こえてきたら、住宅のどこかにイタチが侵入していると疑いましょう。
イタチが住宅に侵入してきたと感じたら、直ぐにイタチを撃退してくれる専門の業者に相談をして、対応をしてもらうようにすると良いです。